バレンタイン



KIEFER ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 その日、ロザリアは朝早くからチョコレートと格闘していた。
明日はバレンタイン。1年でたった一度、女の子から愛を告白する勇気が持てる日。
想い人のオリヴィエがバレンタインを知っているかは解らないが
自分の想いを思いきって伝えてみようと、決心をした。
 甘さをひかえたビターチョコレートを星の形の型に流し込む。
普段お世話になっている他の守護聖様方の分と、オリヴィエの分を冷蔵庫にしまうと
ロザリアは眠りについた。
 バレンタイン当日の朝、きれいに冷えて固まったチョコレートを
可愛くラッピングすると、いつもより念入りに身だしなみを整え部屋を後にした。
部屋を出たところでアンジェリークと会った。


 「おはよう!ロザリア」
 「おはよう」


 アンジェリークはめざとくロザリアの持っているカゴの中身を見ると
人懐っこい笑顔で言ってきた。


 「あ、ロザリアもチョコレート作ったの?
  ねえ、よかったら一緒に行かない?。1人だとなんだか恥ずかしくって」
 「(この子と一緒なら自然に渡せるかしら‥‥)
  しようのない子ね。いいわよ。一緒に行きましょ」
 「ありがとう!ロザリア」


 気恥ずかしいのはロザリアも一緒だった。
二人はまず、9人の守護聖の中でも比較的話しやすい年少組の3人から渡す事にした。
ランディ、マルセル、ゼフェル、クラヴィス、リュミエール、ジュリアス、オスカー
ルヴァ、オリヴィエ、の順でまわっていく事にした。




*************************





 「後はオリヴィエ様だけね」
 「そうね」


 途中、マルセルにはお茶をごちそうになり、
ゼフェルには、甘ったるいにおいを近付けるなと怒鳴られ、
リュミエールには、お昼をごちそうになり、と想ったより時間がかかり
すでに夕陽が沈みかかっていた。
 オリヴィエの館の前までくると、ロザリアは高鳴る胸を抑え、
深く深呼吸をし、カゴの中の最後の一包みに手をのばした。


 「!?。ちょっと待ってアンジェリーク!!」
 「どうしたの、ロザリア?」
 「オリヴィエ様に作ったのがないの!!」
 「え?。でも、残ってる一個は?」
 「これは違うの。オリヴィエ様にお渡しするものは別に作ったのよ!」
 「じゃあ間違えて誰かに渡しちゃったの?」
 「どうしよう‥‥。どなたに渡してしまったのか解らないわ‥‥‥」


 ショックだった。ありったけの想いと勇気をつめたチョコレートをなくしてしまい
ロザリアは気持ちを伝える勇気もなくしてしまった思いだった。


 「‥わたくし‥‥」
 「あ!!ロザリア。待って!!」


アンジェリークが止めるのも聞かずにロザリアは走り出した。


 「おっと!。こんな時間にこんな所でどうしたの?私に何か用?」
 「オリヴィエ様‥‥」


 タイミングが良いのか悪いのか、ロザリアが走り出した先には
外出先から帰ってきたオリヴィエがいた。


 …この人に差し上げようと思って一生懸命作ったのに。
  好きって気持ちを伝えようと‥‥。なのに‥‥。


ロザリアは自分のふがいなさに我慢できず、涙をぽろぽろとこぼしはじめた。


 「どうしたんだい‥一体‥。とりあえず、二人とも中にお入り」




*************************




 「…なるほどね。そういう訳だったの。ほらロザリア、もう泣かないで。
  あたしは残ったのでも十分嬉しいよ。
  あんたが作ってくれたものには変わりないだろう?」
 「それじゃダメなんです!オリヴィエ様のためにせっかく作ったのに‥‥」
 「女の子のそ−いう気持ち、とってもかわいいよ。
  けど、あんたは大事な事を一つ忘れちゃってる。
  好きな人にもらったものは、どんなものでも嬉しいのが恋心ってもんだろ?
  アタシはロザリアの作ったチョコレートと、その気持ちだけで満足だよ☆」
 「でも‥‥」
 「まだ納得しないのかい?‥‥じゃあこうしようか」


オリヴィエは残った包みのリボンをといて、ロザリアに飾った。


 「これをくれたら、あんたのポカも許してあげる☆」
 「オリヴィエ様‥」
 「ここから先はアンジェリークには目の毒。あっち向いててちょうだい」
 「は〜い」


オリヴィエは優しくロザリアにKISSをした。


 「さ、二人とももう遅いからおかえり」
 「はい。お邪魔しました、オリヴィエ様。行こう?ロザリア」
 「え、ええ」
 「気をつけて帰るんだよ」
 「おやすみなさい。オリヴィエ様」
 「おやすみ、ロザリア。アンジェリーク」




*************************




 「ちょっと邪魔するぞオリヴィエ」
 「オスカー。こんな時間に一体なんの用よ」
 「これ。お前にだ」


そういうとオスカーは小さな包みをオリヴィエに向かって投げた。


 「なによ」
 「見て解るだろう。チョコレートだ」
 「あんたからのなんてイラないわよ」
 「安心しろ。ロザリアからのものだ。昼間、俺のとこに来ておいていったんだが
  お前へのメッセージ付きなんて、さすがに食べる気はしないからな」
 「ふ〜〜ん。あんたのとこにいってたんだ。一応礼はいっとくよ」
 「別に気にするな」
 「ちょっと待って!。じゃあこっちはあんたにあげる」
 「お前からのチョコレートなんてイラないぞ」
 「御心配なく。ロザリアからあんたへのた・だ・の・義理チョコよ」
 「‥‥‥‥‥‥‥‥」


 オスカーが帰った後、ベッドに入ったオリヴィエは包みを開けてみた。
小さな星形のチョコレートが数個と、小さなメッセージカードが入っていた。



 〜オリヴィエ様。
      好きです。
          ロザリア。〜


 オリヴィエはそのカードを愛おしく見つめるとKISSをした。


 「うん。アタシも好きだよ。ロザリア」




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■END




バレンタインに向けて急いで仕上げました。
創作日数1日。。。。
急ぎすぎたせい?で尻切れとんぼな終わりかたです。
イラストも描いたけどこっちはさすがに間に合わなかった……






Back



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット