独り



KIEFER ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 「王立派遣軍から参りましたヴィクトールといいます」
 「‥‥‥‥‥‥‥‥」


 自分よりも幾つか年上の額に傷のある男性は、宇宙ステーションについたリムジンの前に立ち
アンジェリークにそう挨拶をして頭を深く下げた。


 「貴殿の身辺の警備を女王陛下より御命令を頂き、私が任命されました。
  下界に降りられてから、数カ月かの間は護衛として御同行させて頂きます。
  よろしくお願いいたします」
 「‥‥‥‥はぁ‥‥‥」


 そんな話の聞いていなかったアンジェリークはつい、気の抜けた返事をしてしまった。
こんな風に自分の行く先々で護衛がつくのは、女王時代に嫌という程経験し、慣れてきたが
それが女王を退位した後にまでついてくるとは、考えてもいなかった。


 「あの‥‥‥」
 「ヴィクトールと御呼びください」
 「‥‥‥‥。ヴィクトール、私の事は何か聞いていますか?」
 「いいえ、詳しい事は何も。聖地にいらっしゃった方が下界に降りられる時に
  護衛がつくのはそう珍しい事ではありませんので、何もお聞きしていませんが」
 「そう。ならいいんです」


アンジェリークはそうにこやかに笑いかけた。


 「でわ、これからよろしくお願いします」


 ヴィクトールの案内についてアンジェリークが歩き出すとその後ろを、荷物を抱えた運転手が
その後をついて行った。
 黒いスーツで身を包んだ運転手と、見るからに格の高そうな軍人、2人に囲まれて
宇宙ステーションの中を歩くアンジェリークの姿は、回りの一般客の目を引いた。
それでなくても女王としての、風格というか威厳というか、隠せない程の気品が溢れる
アンジェリークだけでも注目を集めそうだったが‥‥‥‥。






□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□






 旅客機を乗り継いで無事到着した星は、主星から少し離れた所にあるリゾート地。
その場所を選んだのはディアだった。聖地を離れてまず、彼女が安らぐのに最適な場所を
ディアは一生懸命に探し出していた。彼女につく護衛にも自ら面談をし、
身寄りのないアンジェリークの身辺を姑くの間でも、任せられる信頼できる人物を選びだし
彼女が”女王”であった事は告げずに、それでいて彼女が聖地でのVIPであった事を告げ
厳重な護衛を頼んだのである。


 ホテルに到着し、ヴィクトールは云われていた名前でチェックインを済ませる。
数日前にすでにチェックインを済ましていたヴィクトールは、アンジェリークの部屋のキーを
フロントから預かるとアンジェリークを連れて、最上階にあるその部屋へと案内した。

 辿り着いてみてアンジェリークは驚きを隠せなかった。
どう考えても独りでは広すぎる、また豪華過ぎる部屋に通され、少々げんなりとした気分が沸き上がり
”仕方ないか”とそれを瞬時に諦めた。
 荷物を持ってきていたベルボーイにヴィクトールはチップを渡し、下に返すと
部屋の中を眺めているアンジェリークに目をやる。
窓を少し開けて部屋の空気を入れ替えて、彼女に声をかけた。


 「今日はお疲れでしょうから、これでお休みください。
  私の部屋はちょうどここの一階下になります。内線電話はこちらに。私の部屋の番号も書いてありますので
  何所かお出かけになる際は一言御声がけをお願いいたします。
  何か御入用の時は遠慮なくホテルの方に声をかけて下さい。では、私はこれで失礼いたします」


 そう言って先程のベルボーイよりも礼儀正しく御辞儀をすると、ヴィクトールは部屋を出て行き
広過ぎる部屋にアンジェリークは1人になった。


 「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」


 上着を椅子にかけてさっきヴィクトールが開けて行った窓からベランダに出ると、アンジェリークは
その目前に広がる素晴らしい程の絶景に目を奪われていた。
まっすぐに広がる地平線、赤い夕日が今にもその彼方に沈みそうで、空は対照的な闇色と赤が
解け合っている。海は水が見えない程澄み渡っていて、白い砂浜は僅かな夕日を浴びて光っているようだった。

 アンジェリークは幻想的なその景色から目を離すと、部屋の中へと戻りベッドの中へと
疲れた体を沈めた。
 夕食もとらないまま、その日は深い眠りについていた。





失った心← ・・・・・ →バカンス





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■NEXT




余談ですが‥‥ヴィクトールの台詞「何所かお出かけになる際は一言御声がけをお願いいたします。」
この『お声がけをお願いいたします。』何所かで聞いたフレーズ‥‥‥。
どこだろう?。デパートの中の店内放送?‥‥‥‥‥‥‥‥違う‥‥どこで‥‥。




あああ!!!。







ちり紙交換だ‥‥‥‥‥‥‥‥。
しまった。ヴィクトールに変な事させてしまった。


『熊○の○○商店のちり紙交換で〜〜ございます。
古新聞古雑誌〜ございま〜せんかっ。
ございました〜ら〜多少に関わらずっお声がけお願い〜いたしますっ。………エンドレス。』
あああ‥‥なんて事。






Back



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット