意気地なしにパンチ!!



KIEFER ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 その日は二人にとってとても楽しい1日だった。
アンジェリークがルヴァに思いを告白してから初めての”恋人同士”としての
日の曜日のデート。
 ルヴァの私邸で話をした後、軽く食事をし、公園へ出かけ、
森の湖に二人で訪れた後、アンジェリークを寮まで送る‥。
以前と変わらぬデートコースではあったが、アンジェリークはどきどきしっぱなしだった。
ふと触れあう指先、重なる視線、その先には恥ずかしそうに照れ笑いをする
ルヴァの笑顔と、それに答えるアンジェリークの笑顔。

 「送って頂いてどうもありがとうございました」
 「いいえー。今日はとっても楽しかったですよ。また次の日の曜日が待ち遠しいですねぇ。
  こんな暗くなるまで引っぱり回してすみませんでしたね。
  もう遅いのでこれで失礼します」
 「‥‥あれ?」

 アンジェリークは部屋を出て行ったルヴァを追いかけて走った。







≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪






 「ルヴァ様!!。待って下さい、ルヴァ様!」
 「アンジェリーク??。一体どうしたのですか?」

アンジェリークは息をきらしながら言った。

 「ルヴァ様、何か忘れ物していませんか?」
 「忘れ物??。‥‥‥えぇ〜と‥‥。 あぁ!。ありました」
 「なんですか?」
 「おやすみの挨拶を忘れてましたねー。私としました事が‥‥」

アンジェリークはガクッと肩が落ちた。

 「そうじゃなくて‥‥。もうっ!!。ルヴァ様のニブチン!!」
 「は??。‥‥ニブ‥‥??」

 アンジェリークは、つま先で背伸びをし、顔をルヴァに向けると目をつむった。
これは、鈍いルヴァにも解る、”KISS”のおねだりのポーズ‥‥。

 「!!!あ‥あァ‥‥アンジェリーク???」

思わず後ずさりするルヴァの手を掴み引き寄せた。

 「‥‥‥ん‥‥‥‥‥」
 「‥‥あ‥‥アンジェリーク‥‥。こういった事は‥‥その
  屋外では‥誰かに見られてしまうのでは‥‥と‥‥」
 「こんな時間では誰も歩いてませんよ。それにこんなに暗くては顔も解りません」
 「‥‥しかしですねぇー‥‥」
 「なら、部屋の中でならシテくれるんですか?」
 「へっ部屋!!???。」

ルヴァは思わぬ事まで連想してしまい、妙な声をあげてしまった。

 「‥‥ルヴァ様‥‥早く‥‥」
 「あああぁぁーー‥‥」

 しびれをきらしたアンジェリークは、カッと目を見開くと
ルヴァの胸元をぐっと掴んで引っ張った。
 ひかれるままに少し屈んだルヴァに近付くと、そのまま自らKISSをした。
アンジェリークの強引な行動にルヴァは固まるばかり‥‥。

 「次からはルヴァ様からして下さいね。♥
  今日は楽しかったです。おやすみなさい」

 そうして、照れた様子も見せずアンジェリークは元気に走って帰っていった。
1人残されたルヴァはその場にしゃがみ込むと、深いため息を一つ‥‥。

 「はあぁー‥‥。あなたにはいつもびっくりさせられますね。
  予測できないその行動も、あなたに惹かれた魅力の一つなんですけど‥‥、
  毎回こんなでは私の身が持ちませんネェ‥‥」

 ルヴァは、年寄りじみたかけ声をかけながら立ち上がると、
アンジェリークのいる方向を見つめ、彼女との間の距離が離れるのを惜しむように
ゆっくりと館のある方へ足を向けた。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■END




ルヴァ様&勝ち気ちゃんです。
元気ちゃんのような気もしちゃうけど
あくまで勝ち気。鈍いルヴァに自分から迫る強い女の子です。






Back



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット