中堅組分析



KIEFER ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




オスカー。



 全女性の恋人(敵?)オスカー様です。分かりやすい方ですね。この人と恋愛は一セットのようです。
この方の言い回しにもゲーム中まいりました。色んな意味で。決して家族がいる時には出来ませんです。
でも格好良い人ですね。中身が伴ってる分口先だけでない、なんていうか‥‥解ります?。
『人』のコーナーでも語ってますが、私的にはこの人はあまりプレイボーイという言葉はあてはまりません。
心の中に大事に大事に何かを仕舞っている風に見える事があるんです。
リモージュにもロザリアにも結局は「妹」扱いの域を越えていないというか、お兄さん的接し方というか‥‥。
そんな所からオリキャラ「グレイシャ」が生まれた訳ですが、その心の中の大事な部分を誰にも知られない為に、
幾つものオブラートで自分の本質を隠しているような人というのが、私の中のオスカーです。
なら何故、何人もの(現地妻ならぬ)恋人がいるのか。
これは、自分が一番必要としている人でなければ、後は誰でも構わない、そんな心理だと思うんです。
投げやりになっているのとは違うんですね。価値観の問題です。
『金メダルじゃなきゃ意味がない』という人と『銀メダルめちゃくちゃ嬉しいです』という人の違い。
そんな感じ(よけい解らない?)。
まあ結局は独りじゃいられない’寂しがりや’な人なんでしょうね。
堀内さんは素敵な声をしてますねー。私はやっぱり「フルハウス」のジェシー役が印象強いです。
あれもある意味オスカー的?。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


リュミエール。



 前もって謝ります。申し訳ございません。
私、「2」あたりまでリュミエールって自分の中で下から数えた方が早い位、人気ない人でした。
最初は女性的な部分しか目につかなくて、「この人本当に男なの?」と思う事ばかり‥‥。
親しくなってくるといつのまにか、リモージュの肖像画を堂々と執務室に飾ったりする辺り
どうしても引いてしまうのです。(ごめんなさ〜〜〜いい;_;)
それが今は普通です。いやネット上で私の知らない(CDとかの)情報やコミックなどを見ると
意外に強い人だというのが判明。きつい台詞もびしッという強さも持っています。
甘やかすだけの優しさじゃなかったんですね〜。あ−見えて実は怪力というのも魅力ですね。
それを知ってからのこの人の魅力は、あからさまでない所。
怪力もそうですけど、本当は強い所も人に見せて歩くものじゃないですものね。
よく他のHPさんでは「腹黒」なリュミエールを見かけますが、あれって普通でしょ?。
ただリュミエールだと普段とのギャップがあり過ぎるから、まるで二重人格のように思えるだけで
あの年で本当に心の底からやましい事は何も考えていなかったら、逆に恐い。
子供の作り方も知らなさそうで‥‥‥。
飛田さんは‥‥‥えっと‥‥‥‥‥えっと‥‥‥‥他に何演ってましたっけ?。
度々すいませ〜ん。何しろリュミエールのイメージが強すぎて、他のを思い出せません。
この方もベテランさんですから、きっと思い出せないだけで色々見て(聞いて)いるんだと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


オリヴィエ。



 素敵な人です〜。結構ポイントたかいですね。人はみかけによらず。
皆さんも御存じだとは思いますけど、その外見とは裏腹にかなり男っぽい人です。頼りがいあるし。
気さくで軽くて楽しい事大好きなこの人も、その中心にびしっとしっかりした考えがあるんですよね。
「今が楽しければ明日の事なんてどうでも〜」とは違うんです。
今だけじゃなくて明日も来週も来年もずーっと楽しくある為に、その為に必要な努力。そんな事を思わせてくれます。
そして女心も熟知してる彼。ある意味オスカーよりも。女性と見違える程の外見も中身はしっかり男性なんです。
誰もが気楽に近付けるけど、一歩奥に踏み込むのは特別な人だけ。その一歩もやすやすと踏ませてくれなさそう。
もしこの人と結婚したら、ずっと「女」でいられそうです。妻じゃなく、母親じゃなく、女。
『年をとったらそれ相応の服装?、母親らしい落ちついた格好?、馬鹿らしい。
自分を美しく見せるのに期限も何もないんだよっ!。』
そう怒鳴られそうです。
子安さんは、最初にその声を聞いたのは「シュラト」でした。懐かし〜〜。
海外ドラマでもよく耳にしますが、オリヴィエがはまるのは不思議です。
私の中の速水さんの評判を下げたドラマにも出てましたね。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■NEXT




まずは出会いと心構え
年長組分析
中堅組分析
年少組分析
女性組分析







Back



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット